あなたの家族葬を手助けする総合情報サイト

>

密葬と家族葬

家族葬の費用

特別に大きな葬儀は別にして一般葬にかかる費用は平均して200万円くらいです。内訳は葬儀一式が120万円くらい、飲食接待費用が30万円くらい、寺院費用等が50万円くらいです。

家族葬の場合には、50万円くらいから行うことができますから、費用はずいぶんと少なくなります。ただし香典等も少なくなりますから、差引勘定は別問題です。ですから、節約ということは、判断の基準にはしないほうが良いですね。

参列者の数として、50人くらいを境にしてそれ以上でしたら、一般葬を選ぶべきです。

一番大切なことは悔いのない最後のお別れができることです。ましてや葬儀にお招きした、しなかったということがもとであとに残された人々にしこりを残すようでは故人も本意ではありません。

家族葬のデメリット

家族葬はゆっくりとお別れできるという大きなメリットがあります。デメリットは、訃報を知らせるべき人の選択が難しいことですね。こんな時にはもちろん故人の残したエンディングノートが参考になります。気を付けないと故人にとって大切であった人にお声をかけるのを忘れてしまうことも出てきます。

参列者が多くなりそうなときには、一般葬にするか密葬にして、後日改めて、本葬を執り行います。

家族葬ののちは、葬儀にお招きしなかった人々に、事情を説明してご報告をします。家族葬に参列できなかった人々の弔問があることですから、その準備が必要になります。故人の会社に対しては、家族葬であろうと一般葬であろうと必ず連絡をするようにします。


この記事をシェアする

TOPへ