あなたの家族葬を手助けする総合情報サイト

>

家族葬の選択

家族葬の特殊なケース

故人がエンディングノートで家族葬を選び、散骨してほしいという場合にはどうするかということも考えなくてはいけませんね。

故人が散骨を望んだ場合にはそれも可能です。遺骨や遺灰を粉末化してまくことは法律的に許されています。ただし、土中に埋めることはできません。土中に埋めることについては墓埋法で厳しく規定されています。これはたとえ墓地内であっても勝手に散骨して土中に埋めることはできません。

一般に散骨というと自分の家の庭とか海へ出て散骨するということが多いですね。海の場合も遠洋へ出ないと漁師さんたちの漁業権が絡んできて問題が起こります。この散骨の時には特に粉末にしなくてはいけないという規則はありませんが、骨の形が残っているものが、後々海岸へ流れついて殺人事件かという誤解を招かないためにも粉末にしておいた方が良いですね。

家族葬と自由葬豆知識

家族葬の本質は、ゆっくりとお別れができるということとその自由性にあるといえます。故人の遺志によっては海洋での散骨なども可能です。現在この遺灰をまくということについてはそれを規定する法律は存在しません。節度をもって自由にしても良いということですね。

樹木葬といわれるものですと、土中にお骨を生めてその上に墓石ではなく木を植えます。これは墓地の中で行いますから、土中にお骨を埋めることができます。墓地としての許可のない森林などで樹木葬を行うと法律に触れます。最もこれを犯しても、千円以下の罰金または拘留もしくは科料ですから信号違反よりも軽いといえますね。土中に埋めることが禁止されているのはお骨ばかりではなくて、粉末にした遺灰についても言えることです。


この記事をシェアする

TOPへ