あなたの家族葬を手助けする総合情報サイト

>

家族葬のやり方からオーガナイズまであなたを全面サポート

家族葬の注意点

最後の別れという厳かな儀式なので、関係者の中には、慣習に則ったお葬式をしてもらいたいと考える人も多数います。従って、家族葬をするときにも、関係者とよく相談することが後々にしこりを残さないためには必要です。もちろん最後は故人の意思だからという一言がものを言います。

そういった意味では、習慣に従って葬儀をしてもらいたいという関係者と折り合いがつきやすいのは密葬とも言えます。まず親しい人々だけが、ゆっくりとお別れをして、その後本葬を習慣に従って多人数ですることができます。

家族葬の場合には故人や家族の意思がかなり自由に実現できるとはいえ、お寺様との関係などもありますから、そうそう勝手なことはできません。お墓にお骨をおさめることを拒否されてしまうことも出てきます。

家族葬の場合の葬儀屋さん

家族葬の場合には葬儀がかなり自由ですから、気を付けないと葬儀屋さんの中にはいろいろとオプションを付けてきて、葬儀代がずいぶんと高くなってしまうことがあります。そうしたことを避けるためにも、葬儀の時には前もって葬儀屋さんと事前相談をしておくとよいですね。

いずれにせよ葬儀は故人が永遠の旅に立つという大切な儀式ですから、後悔しないためにもよい葬儀屋さんを選びたいものです。良い葬儀屋さんというものは、契約を取るということ以上に親身になって事前相談に乗ってくれるものです。家族葬の場合には葬儀屋さんはセット料金とオプションという形で提案してきますから、このオプションをきちんと確認する必要があります。自分の希望に応じてよく考えてオプションを選択します。


この記事をシェアする

TOPへ